【衆院選#2】「偏向報道」を撲滅する有効な手段とは?

シェアする

こんにちは。管理人のShingoです。
衆院選特別投稿第2弾は、「偏向報道」の存在と取るべき対処についてお伝えします。

スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)

「偏向報道」とは何か?何が問題なのか?

その名の通り、「偏った報道」のことです(笑)。
偏向報道の何が問題かというと、

事実が伝えられないことです。

「ねつ造記事」と呼んでも良いでしょう。

そもそも報道とは、「事実を客観的かつ正確に伝えること」です。
私たちが何かを判断する際の根拠は何でしょうか?
ほとんどの人は報道機関が発信する報道を判断材料にしますよね。

バラエティやお笑い番組ならネタとして有りだと思いますが、
事実を客観的に伝えない「報道」に、一体何の価値があるのでしょうか?

偏向報道の実態を紹介(某テレビ局)

私が偏向報道の存在を知ったのは、衆院解散の報道をインターネット上でチェックしている時のことでした。目に留まったのがこの記事です。

安倍晋三首相は25日夜、TBS系「NEWS23」などに生出演し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる一連の報道に苦言を呈した。加戸守行(かと・もりゆき…

この記事をざっくりまとめると、安倍総理大臣がテレビ出演した際に

  • 「森友・加計問題」に関する答弁が公正に報道されていないことについて、
    総理からマスコミに対して苦言があった。
  • 衆院解散という違う話題を語る人(安倍総理)の話をさえぎってまで
    「森友・加計問題」を追求するよう番組スタッフがキャスターに指示を出していた。

の2つの話から構成されています。
私が衆院選に関する情報発信をしようと決心した理由が、この記事の存在です。

この記事(某TV局)の何が問題なのか?

問題点は2つあります。
1つ目の問題は、テレビ局側の姿勢です。

人の話をさえぎって、自分が言いたい(聞きたい)ことだけを言う。
…あなたが話している最中に話をさえぎられたら、どう思うでしょうか?
「愉快」「満足」という感情を持つ人はほとんどいないはずです。

2つ目の問題は、情報操作です。

“何度も人の話をさえぎりやがって…”

と不愉快に思いながらも、仕事だからと我慢して話をした。
その結果が相手の都合のいいように会話の内容を編集され、報道されたとしたら…

あなたがこんな仕打ちを受けたら、どう思いますか?
多分怒ると思います。良い感情は持てないでしょう。

しかし、その都合の良い内容が「報道」として世間に流れてしまう。
これがこの記事(某テレビ局)の問題だと認識しています。

偏向報道は、「排除すべき」

偏向報道は「今すぐに事実を知りたい」と思う人にとって、
まさに百害あって一利なしです。

偏った、又はねつ造された情報を「報道」として流す。

これでは正確な判断が出来ませんし、
「偏った・ねつ造された報道」を事実と誤認して損害を被ることもあるでしょう。

利益どころか損害の原因になりかねない偏向報道は、排除すべきです。
偏向報道を排除する上で、有効な手段は以下の2つです。

  • 手段1:あなたの意思表示
  • 手段2:価値ある情報の拡散

新たな流れを呼ぶ最大の原動力:意思表示

現状では記事やインターネット上の書き込みを見比べ、
偏向報道か否かを判断するという極めて非効率な方法になりがちですが、

偏向報道に関する私たちの意識が今以上に上がり、批判や指摘が増えれば、
良い変化の兆しが出てくるはずです。

既存の大手マスコミ各社以外で報道を行っている企業や個人も出てきていますが、
未だ未だ知名度が低い。

ソーシャルメディアを使った拡散など、個人レベルでも出来ることはあります。

価値ある情報を提供する企業や個人を支持する。
そして、意思表示することで報道の質は改善されていきます。

ちょっとした行動が大きな変化をもたらす事例は多々あります。
報道に関しても、意思表示をしていきましょう。

価値ある情報は「拡散」すべき

あなたにとって価値ある情報を提供してくれるのは誰ですか?
「価値ある情報」に飢えている人はたくさんいます。是非、情報をシェアしてみて下さい。

もちろん、自ら価値ある情報を発信していくのもアリです。
…頑張ってやり続ければ、そのうちお金も入りますよ(笑)

追伸:こんな指針もあるようですが。。。

「報道のあり方」について調査をしていたら、民放連のウェブサイトに辿り着きました。

一般社団法人 日本民間放送連盟の公式WEBサイトです。
一般社団法人 日本民間放送連盟の公式WEBサイトです。

この2つの記事をよくご覧になってみて下さい。

いわゆる「トップメッセージ」と「指針」になります。

…民放連って、大手のテレビ局全部加盟しているハズですよね?

業界団体が出している指針も守れないのなら、やはり悪質な事業者は「排除」するしか道は無いのでしょうね。。。

【2017衆院選 関連記事】

衆院選特別投稿第1弾のテーマは「行動」です。衆院選の大きな争点である北朝鮮と社会保障。いずれも重く大きな課題ですが、誰に任せれば最善の対処をしてくれそうなのか。意思表示が最も大切なことです。是非行動を起こしていきましょう。
衆院選特別投稿第3弾のテーマは「社会保障」です。社会保障制度を維持・改善するには、働く世代の人が効率良く稼げる環境作りが重要な課題です。提示された公約を見比べながら意思表示していきましょう。
衆院選特別投稿第4弾のテーマは「憲法改正」です。現行憲法を堅持すべきという主張も分かりますが、筆者は平和を維持する為にも憲法改正が必要と考えています。本記事ではその2つの理由をお伝えします。
衆院選特別投稿の最終テーマは「行動と変革」です。今のままでは決して好転しない状況をどうにかしたいなら、先ずは行動という意思表示が何より大切なことです。そして、「変革へ」。危機を乗り切り、より暮らしやすい社会に変えていきましょう。
スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)
Adsense(レクタングル大)

シェアする

フォローする