「Jアラート」とは?バズワード201708_Yahoo

シェアする

2017年8月度のYahoo最多検索数4位となった急上昇ワードは、「Jアラート」です。

詳細データは以下をご参照下さい。

ランクイン回数トータルポイント詳細ワード
1回 
31,343,364点  
・Jアラート(2017/8/30)

類義語でのランクインなし

スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)

「Jアラート」とは何か?

全国瞬時警報システムのことです。

大規模災害やテロ、武力攻撃などの有事の際に、政府から国民に情報展開・伝達を行う仕組みですね。

知らなかったでは済まないと思いますので、時間のある時に概要を理解する様にしましょう。

①内閣官房 国民保護ポータルサイト

ちなみに、

「Jアラートって実際どんな感じなの?」

という方は以下ページにサイレン音のファイルが置いてあるので一度聞いてみて下さい。

  • かなり不快な音ですが、それだけに1度聞けば忘れない音です。

あなたの携帯電話やテレビなどからこの音が鳴ったら、
要注意だということだけ認識しておけば良いと思います。

②内閣官房 国民保護ポータルサイト(Jアラートサイレン音あり)

③Wikipedia

「Jアラート」が急上昇ワード入りした理由

急上昇ワード入りした前日の2017年8月29日にJアラートが作動したからです。
作動の理由は、

北朝鮮による弾道ミサイルの発射

ちなみに、当日発射された弾道ミサイルは北海道の上空を横切り、
襟裳岬の東から約1,180km離れた太平洋上に落下しました。

当日の報道は以下の通りです。

 北朝鮮は29日午前5時58分ごろ平壌郊外の順安(スナン)区域から北東方向に弾道ミサイル1発を発射した。約2700キロメートル飛行して北海道の襟裳岬上空を通過、午前6時12分ごろ襟裳岬の東約1180キ

問題提起:何故、批判ばかりなのか?

Jアラート発報を受け、インターネットを含む様々なメディアで見かけるのが「批判記事」。

  • 「隠れる所が無い」
  • 「発報してからでは逃げ切れない」
  • 「うるさい」(←個人的には論外)

といった批判が見られますが、筆者は発報してくれるだけ有り難いと考えています。

確かにミサイルの着弾点及びその付近にいた場合は、言葉が悪くて恐縮ですが
「詰んだな…」となるかもしれません。

しかし、Jアラートの発報さえ認識出来れば、最悪の状況を免れられる人も多数いるはずです。

Jアラートの発報を確認し、速やかにその場で最善の行動を取る。

これが出来るか否かで自分自身がこうむる被害の度合いも変わり、最終的な生死を分けることにつながるでしょう。

…それでも、無駄だと言えるのでしょうか?

質問:あなたは、座して死を待ちますか?

…まず、直視せざるを得ない事実として

  • 北朝鮮の保有するミサイルは、日本全土に届く性能を持っている

これは間違いありません。

  • 核、生物兵器等は本当に搭載可能なのか?
  • 搭載可能だとして、本当に搭載するのか?
といった話は現時点では憶測にしかなりません。
そんなことよりも本当に大切なことは、

  • 防災意識の有無、及びレベルの差があなたの生死を分ける可能性が高い

という事実です。

ミサイルが日本国内に発射されたら「全ては天命と受け入れる」という考えなら、
それはそれで良いでしょう。

しかし、あなたが「他国に撃たれたミサイルごときで死にたくない」という考えであれば、
防災に向けた行動が必要になると思います。

あとがき:何事も、「行動」しなければ意味が無い

筆者は、人間とは欲深き生き物だと考えています。

仮にミサイルが飛んできたとします。
即死であればともかく、意識があれば

  • 自分自身の生に対する欲望
  • 自分の大切な人を守ろうとする欲望
  • 自分の大切なものを守ろうとする欲望
など、自分が直面する状況に応じた欲望により、突き動かされる人が大半のはずです。
であるならば、

防災に関する知識を身に付け、有事に備える

という「行動」が何より大切ではないでしょうか?

窓から離れた場所に避難しなかったために爆風に直撃して命を落としたり、
大怪我することもあるでしょうし、

生き残れたとしても、何の備えも無ければ二次災害や飢えで命を落とすこともあるでしょう。

政府及び神奈川県は、弾道ミサイル落下時の対処方法をyoutubeに投稿しています。

緊張が高まる今だからこそ、一般人として取るべき行動について学び、
備える必要があると思います。

まずはこういった公的機関が配信している「マニュアル」を見て、
訓練を行うべきではないでしょうか。

①政府広報:弾道ミサイル落下時の行動

②神奈川県:弾道ミサイル落下時にとるべき行動例