検索最多の「花火」大会とは?バズワード201707_Google

シェアする

2017年7月度のGoogleトレンド 急上昇ワード月間ランクイン回数7位は、「花火」です。
詳細データは以下をご参照下さい。

2017年7月度データ

ランクイン回数詳細ワード備考
5回 
①鎌倉花火大会(1回)
②天神祭 花火(2回)
③ももち 花火(1回)
④隅田川花火大会(1回)
◎詳細キーワードごとのランクイン日
①鎌倉花火大会:2017/7/19
②天神祭 花火  :2017/7/25、2017/7/26
③ももち 花火  :2017/7/27
④隅田川花火大会:2017/7/28
スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)

急上昇ワード入りした「花火」の概要

全て、「花火大会」に関するものです。
日本全国で行われているだけに、詳細キーワードを見ても分からない方も多いのではないでしょうか。

では早速見ていきましょう。

①鎌倉花火大会

ここではいつもとは趣向を変え、以下団体の記事を取り上げたいと思います。

おかげさまで第69回 鎌倉花火大会は無事に終了しました。 ご協力を頂いたみなさま、ありがとうございます。 次に…

コンセプトがイイですね。

復興の道を一歩一歩踏みしめる、東北の人たちに。
そんな東北を応援したい人たちに。

癒しを与え続けて欲しいと思いました。

後述しますが、今年の開催に当たってドラマがあったのがここ鎌倉の花火。

今後も是非続けて欲しいものです…来年は観に行こうかな。

②天神祭 花火

日本三大祭りの一つ天神祭は本宮の25日夜、大阪市北区の大川で約100隻の船団が行き交う「船渡御(ふなとぎょ)」があった。船のかがり火やちょうちんの明かりが川面に浮かび上がり、約5000発の奉納花火が夜空を彩った。
(毎日新聞:天神祭 夜空彩る5000発 船渡御と奉納花火 大阪より引用)

大阪ですね。
高層ビルをバックに打ちあがる怒涛のラッシュは、なかなか観れるものではないと思います。動画も見ましたが、凄い光景です…

 日本三大祭りの一つ天神祭は本宮の25日夜、大阪市北区の大川で約100隻の船団が行き交う「船渡御(ふなとぎょ)」があった。船のかがり火やちょうちんの明かりが川面に浮かび上がり、約5000発の奉納花火が夜空を彩った。

③ももち 花火

ももちとは=百道浜のこと。
福岡県福岡市内にあります。ヤフオクドームの近くなんですね。

福岡を代表するベイエリア、シーサイドももち海浜公園とマリナタウン海浜公園、シーサイドももち海浜公園にあるマリゾンを海っぴがご案内!

で、そのももち海浜公園で行われる有料花火イベントが「ももち 花火」の正体である

シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA

公式ウェブサイトによれば、

音楽に合わせて花火が踊り走り出す…
専用のコンピューターで花火と音楽を0.03秒差でシンクロさせる、世界最先端のハイパー花火ショー。ハノーファー(ドイツ)国際花火競技会をはじめ国際大会で高評価を受ける「東京・日本橋 丸玉屋」の花火師たちが、百道浜の夏を彩ります。
(シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA 公式ウェブサイトより引用)

もはや、花火大会ではなくまさに「ショー」と言って良い内容だと思います。

【シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA 公式ウェブサイト】

この夏、ももち浜が大劇場になる! 2018年7月18日(水)荒天時 19日(木) 会場 : シーサイド百道海浜公園 開場 : 午後4時(予定) / 開演 : 午後7時半(予定)

④隅田川花火大会

東京の花火大会と言えば?
と質問されると、思い浮かべる方も多いであろう隅田川花火大会。

当日はあいにくの雨でしたが、それでも74万人以上を動員したとされています(主催者発表)。

以下、日経記事には当日の花火の様子を良く捉えた写真が並んでいます。

雨のせいか、水滴が映っている様に見えたり、
全体的にぼやけて見えますが、

そのおかげでいつもと違った「幻想的な美しさ」を堪能することが出来ました。

興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。
日経さん:お願いだから記事消さないで下さい(笑)

①日本経済新聞

 雨の夜空を大輪の花火が彩った。29日、東京都台東区と墨田区にまたがる会場で開かれた隅田川花火大会。時折、雨脚が強まるなか、浅草寺や東京スカイツリーの周辺に集まった観客は傘を差しながら色とりどりの花火

②隅田川花火大会 公式ウェブサイト

江戸時代に八代将軍徳川吉宗が打ち上げた「両国川開きの花火」を起源とする日本最古の花火大会。夏の夜空を彩る花火の競演による感動を100万人近い人々と一緒に分かち合いましょう。

4つの「花火」に関するトピックスなど

「夏になれば花火でしょ!」

確かに夏の風物詩ではあるのですが資金的な問題や、天候の問題…
開催までには色んな苦労があるんですね。

急上昇ワード入りした花火大会のエピソードやトピックスとは?

早速見ていきましょう。

①鎌倉花火大会

当初は中止と発表されていた鎌倉花火大会ですが、
市民の要望を受け、最終的には自治体主導で開催したというエピソードがありました。

また、鎌倉市民も単に要求するだけでなく自ら出資し、募金を募り、
といった積極的な活動を行った結果、必要資金を見事確保することが出来たそうです。

官民一体となって伝統行事の存続を勝ち取った、粋な出来事だと感じました。

詳細は以下記事及び動画をご覧下さい。
苦労の末に夜空を彩った花火も、とても良い感じでした。

 神奈川県鎌倉市で19日、鎌倉花火大会が開かれ、由比ケ浜や材木座などの海岸から見渡す海に約4千発の花火が上がった。船から海に花火を投げ入れて「開花」させる珍しい水中花火も登場した。 69回目を迎え、昨…

②天神祭 花火

天神祭でしか見れない、オリジナル花火があるそうです。

その名は、「紅梅」

何でも梅の花を模した花火で、鉢状に開くのだとか。
天神祭花火大会では、オープニングで打ち上げられるとの事なのですが…

筆者は花火の種類に詳しくないので、
どれが「紅梅」なのか分かりませんでした。。。

…この動画に映っているのでしょうか?
観るチャンスがあれば、ガイドさん付きで堪能してこようと思います(笑)

③ももち 花火

うんちくは公式ウェブサイトに載っています。
とにかく、このページから

  • ①東京・日本橋 丸玉屋の最先端技術を使った音楽花火
  • ②世界的な花火先進国・イタリア、スペインの花火
の2つの動画をご覧になってみて下さい。

筆者はこんな花火は初めて見ました。
是非間近で見てみたい、激しくも幻想的な映像でした。

④隅田川花火大会

筆者は隅田川花火大会に行ったことがありません。
理由は、混雑が嫌いだからです(笑)

また、

  • トイレ
  • 迷子
  • 子供やお年寄りなど、足腰の弱い人の体調
などを懸念する方もいると思います。

そんな問題を解決し、涼しい場所でゆっくりと花火を堪能したい…

そんなあなたの要望にお応えするのが

東京スカイツリーからの花火鑑賞です

凄い倍率で、且つ結構なお金も掛かりますが、
大切な人と一生忘れられない一夜を過ごせるかもしれません。

高さ634m、世界一高いタワー「東京スカイツリー®」公式サイトへようこそ。 東京スカイツリーの最新情報やイベント情報をご紹介します。

但し、天候によっては

  • 雲と煙で全く見えない。。。

という、別な方向で忘れられない一夜を過ごすこともあるとか…
(興味のある方は検索してみて下さい)

天候という不確定要素はありますが、
大切な家族と涼しい場所でゆったりと食事や酒を楽しみつつ、
花火を堪能出来るというのは地方の花火大会にはない魅力と言えるでしょう。

あとがき:夏の夜の風物詩を無くさない為に

花火大会の費用は、どうやって調達しているのか?

ざっと大別すると以下のようになります。

協賛金(企業)協賛金(個人)補助金その他
・広告宣伝費
・寄付
・寄付
・自治体からの補助金等
・クラウドファンディング、等々

企業からの資金集めで難しいのが、景気により資金調達が安定しないこと。

協賛金を払うと決めても、広告宣伝費/寄付のどちらで処理するかという点で、
「無い袖は振れない」となることもあると思います。

企業からの協賛金不足を補えるという点で注目を集めているのが、
クラウドファンディングです。
(鎌倉の花火大会でもクラウドファンディングによる資金調達が行われたとのこと)

詳細を知りたい方は以下記事をご覧下さい。

①協賛金は寄付金か?(大倉宏治税理士事務所 岡山の税理士)

今日は、NPOのかたからご質問がありました。イベントの協賛金が寄付金になるのかどうか?というご質問です。企業がNPO法人に「協賛金」などを出す場合に、税金上、…

②クラウドファンディング(Wikipedia)

夏の夜の風物詩を無くさない為に必要なこと2つ

それでは、最後に毒舌タイムで本記事を締めようと思います。
上に書いた通りですが、花火大会に行くなら

  • ①ゴミくらい、キチンと捨てましょう
  • 現場を破壊するのは絶対にやめましょう

花火大会が中止に追い込まれる原因を見ると、その殆どが

資金不足

と言われています。

資金不足の原因となっているのが

  • 警備費等の安全費
  • マナー違反対策費
の増加によるものだそうです。
でもこれって、一言で言えば

観客のモラルが高ければ不要なお金ですよ?

自分がキチンと出来ないツケが、
花火大会の中止に繋がるとしたら、あなたはどうしますか?

以下は今年の花火大会の特集サイトです。

本記事でも4つ取り上げましたが、各々特徴があり、
全て観たいと思わせる素晴らしい花火大会(ショー)だと思います。

日本の夏を彩る花火大会の2018年開催情報をご紹介。会場の行き方・地図・天気はもちろん、海・湖・川で見られる花火や打上数ランキングも。スマートフォン対応済み。乗換案内で花火大会にでかけよう!

何年か経ったら、

昔は花火大会というものが全国で開催されていたんだよ。。。

といった最悪なオチにならない様、
一人一人が出来ることをやっていかなければならないですね。