「台風」検索需要の違いとは?バズワード201707_Google

シェアする

2017年7月度のGoogleトレンド 急上昇ワード月間ランクイン回数5位は、「台風」です。
詳細データは以下をご覧下さい。

【注記】Yahoo急上昇ワードでもランクインしているキーワードですので、
内容によっては重複キーワードとして個別記事の対象から外すべきものです。
但し、7月分のデータはGoogleトレンドの初回データとなるため、
サマリーに掲載したキーワード全て調査対象(個別記事の対象)とします。

2017年7月度データ

ランクイン回数詳細ワード備考
6回 
①台風(3回)
②台風情報(2回)
③台風 5 号 進路(1回)
◎詳細キーワードごとのランクイン日
①台風:2017/7/21、2017/7/28、2017/7/31
②台風情報:2017/7/27、2017/7/28
③台風 5 号 進路:2017/7/31
スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)

Yahoo急上昇ワードとのキーワード比較

「台風」というキーワードは、
7月度のYahoo急上昇ワードでもランクイン回数5位になっています。

参考:Yahoo急上昇ワード(7月)

夏の時期は頻繁に急上昇ワード入りする「台風」。当サイトで台風に関して取り上げるのは初めてなので、台風に関する情報がすぐ分かるまとめ記事としました。今月急上昇ワード入りした台風の情報に加え、防災に役立てて頂ければ幸いです。

7月度のGoogleトレンドデータは、
サマリーでもお伝えした通り、7月11日以降の平日に取得したデータとなっています。

その為、7月1か月間の完全な比較は出来ませんが、Google/Yahoo各々のデータが揃っている7月11日以降のデータを比較してみることにします。

2017/7/212017/7/272017/7/282017/7/31
・Yahoo :
・Google:台風
・Yahoo :台風9号 発生
・Google:台風情報
・Yahoo :
・Google:台風/台風情報
・Yahoo :
・Google:台風/台風 5 号 進路

…いかがでしょうか?

不思議なことに、「台風」というキーワードがYahoo/Googleともに急上昇ワード入りしたのは2017年7月27日の1回のみです。ホント、被らないですね…

因みに、Yahooで「台風」が急上昇ワード入りした時の詳細情報は以下の通りです。

2017年7月度データ(Yahoo)

ランクイン回数詳細ワード備考
3回
①台風3号(1回)
②台風(1回)
③台風9号 発生(1回)
◎詳細キーワードごとのランクイン日
①台風3号 発生:2017/7/3
②台風9号 発生:2017/7/4
③台風9号 発生:2017/7/27

「台風」で知りたい情報とは何か?

検索ユーザーが求める台風情報…
本質はYahooでもGoogleでも一緒のハズで、以下のような項目に関する情報だと思います。

  • 台風の現在地
  • 現在地の被害状況
  • 自分のいる場所に接近または直撃するのか
  • 接近または直撃するのはいつの予定か

それでは、Googleトレンド上でバズワードとなった日に、
台風に関するどんな情報が流れていたのかを確認していこうと思います。

被害、その他詳細について

①台風(2017/7/21)

日時を2017年7月21日に指定して「台風」というキーワードで検索してみると、
上位表示されている記事のほとんどが

台風5号に続き、台風6号が発生

という内容でした。
台風5号は「迷走台風」とも呼ばれ、10日間もの間太平洋でフラフラしていたので(笑)
今後どうなるのか?という疑問に加え、台風6号が発生したことによりアクセスを集めたのでしょう。

台風5号が今日午前9時に南鳥島近海で、台風6号が午後3時にミッドウェー近海で発生。そのほかにも熱帯低気圧が次々と発生しそうです。(2017-07-21 16:51:29)

②台風情報(2017/7/27)

続いて、日時を2017年7月27日に指定して「台風」というキーワードで検索してみます。
結果は

台風5号と9号の概況

に関する記事が上位を占めています。

約1週間前のトレンドキーワードだった台風6号は既に消え、
台風7号、8号も消えた中、未だ健在の台風5号(笑)。

冗談はさておき、迷走中の台風5号が勢力を増しながらついに日本上陸と報道され、
新たに発生した台風9号も強い台風と報道された為急上昇ワード入りしたものと思われます。

強い台風5号と9号の動きに注意が必要です。複雑な動きをしている台風5号は週末には小笠原近海へ進みますが、今後も動きはゆっくりとなりそうです。台風9号は週末に沖縄の南へ進む予想です。(2017-07-27 16:37:32)

③台風/台風情報(2017/7/28)

2017年7月28日も、検索上位は台風5号と台風9号の概況に関する記事で占められています。
特に台風5号が週末にかけて日本上陸と報道された為、前日に続き急上昇ワード入りしたのでしょう。

あす29日、強い台風5号が直撃する小笠原諸島は大荒れ。来週は5号の動きが遅くなり、迷走。本州付近も波の影響が長引き、来週の天気に影響する可能性も。一方、台風9号も強い勢力で先島諸島に接近する見込みです。(2017-07-28 16:34:16)

④台風 5 号 進路(2017/7/31)

2017年7月31日も、「台風」というキーワードでGoogle検索をした結果はまさに上記見出しの通り、「台風5号の進路」に関する記事が上位を占めました。

台風9号は台湾に直撃した後、中国上空で熱帯低気圧に変わったと報道されたこと。
台風5号が「非常に強い」台風になり、小笠原諸島への上陸が予想されるという報道から、
引き続き注目を集めるキーワードになっていました。

21日9時に発生した台風5号は今日31日の9時で発生から丸10日に達しました。

あとがき:「ユーザーの属性」は調査する価値がある

正直なところ、

「Yahooとほぼ同じ結果でしたね♪やはり災害について知りたい情報は皆一緒だということでしょう」

というオチになって欲しかったんですよ…今月だけは。

…筆者の個人的な話で恐縮ですが、
今月中には8月分のデータまで全てアップして10月からは正常な状態で運営したいので、
今月に限っては書かずに済む記事やさらっと終わらせられる記事は大歓迎なのです。

しかし、ここまで違いが出るとなると記事執筆に要する時間は増えるものの、
Google/Yahoo各々のデータの比較はしていった方が良いと改めて感じました。

当サイトを

  • トレンドキーワード、及びバズった理由を調べる
  • 筆者の主張を読む
といった「個人的な」目的で利用頂いているなら、Google/Yahoo各々のデータ比較はあまり有益ではない情報かもしれません。

しかし、当サイトの情報をビジネスで利用したい方にとっては、Google/Yahoo各々のデータ比較は必要になってくると思います。

理由は、今まで説明してきた通りでユーザーの属性の違いが明確になれば、
各々のユーザー層が反応するキーワードやジャンル等も絞り込める可能性があります。

つまり、Google/Yahoo各々の属性に合わせたマーケティングやプロモーションを行える可能性があるからです。

どこまでやれるか分かりませんが、引き続きデータの収集と分析に務めてみようと思います…

スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)
Adsense(レクタングル大)

シェアする

フォローする