「藤井四段 速報」がバズワードに!201707_Yahoo

シェアする

2017年7月度のYahoo最多検索数6位となった急上昇ワードは、「藤井四段 速報」です。
詳細データは以下をご覧下さい。

ランクイン回数トータルポイント詳細ワード
1回 
15,107,127点  
藤井四段 速報

類義語でのランクインなし

スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)

「藤井四段」とは誰か?

もはや今年のMVPになりそうな勢いで世間の注目を集める若き天才棋士、
藤井聡太四段のことです。

若干15歳にして、公式戦29連勝という大記録の保持者でもあります。

「藤井四段 速報」がランキング入りした理由

このキーワードがバズったのは2017年7月2日のこと。

公式戦30連勝という、藤井四段の記録更新を賭けた大一番への期待の大きさが、
大量のアクセスを集めたからです。

結果は残念ながら佐々木勇気五段に敗退し、連勝記録は「29」でストップしたものの

「決して破られることはない」

と言われていた連勝記録を更新した藤井四段が、社会現象になったと言っても過言ではないでしょう。

 将棋の史上最年少棋士で、公式戦連勝記録歴代単独1位の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)が2日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)に101手で敗れてデビュー以来初黒星を喫し、連勝が止まった。竜王戦では姿を消すことになり、今年中のタイトル獲得はなく

藤井四段が将棋界に与えた効果とは?

藤井四段の快進撃により、将棋界にも新たな風が吹いたことは間違いありません。
例えば、ちょっと検索しただけでも以下の効果を確認出来ました。

①生放送などによる露出アップ

筆者が詳しくないだけかもしれませんが、将棋の対局はテレビで生中継してましたっけ?

対局後の棋譜の解説は何度か見た記憶がありますが…

藤井四段が9月3日に挑む「第67回NHK杯テレビ将棋トーナメント」については、
決着がつくまで生放送が決定しているようです。

日本将棋連盟の第67回NHK杯テレビ将棋トーナメント 森内俊之九段VS藤井聡太四段 対局生放送と特集番組 放送決定のページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。

勝っても負けても…楽しい展開になるのですかね?
(視聴者的には藤井四段の勝利が見たいのでしょうが)

プロ棋士は数十手先を読みながら戦うといいます

双方知力を絞った激戦が実際にどう行われているのか?

  • ガンガン指し合うのか?
  • それとも、見ている方がじれったくなるくらいの黙考が続くのか?
実際の試合を観戦出来るというのは視聴者にとっても非常に興味深いと思いますし、
生放送を通して対局の醍醐味を伝えられれば、将棋界にとっても大きなメリットになるでしょう。

②経済効果

まぁ、良くある話ですが…

藤井四段が使っていた将棋グッズやおもちゃも藤井効果で人気沸騰。
売上高は数倍から数十倍との報道も。

連勝街道を歩み続ける藤井聡太四段。その人気の高まりとともに、各所で“藤井効果”が表れている。20日夕、東京都練馬区の「翔風館練馬分館ニコニコ将棋教室」に小学生が…

これは素直に喜ばしいことだと思います。何故なら、

「経済効果無くして、成長はない」

と筆者は考えています。

理由は簡単で、顧客が居なければどんな事業も成り立たない。
まして、将棋やスポーツ/芸術などは多くのスポンサーの寄付や投資で成り立っているもの。

だからこそ、

「形から入る」のは全然OKだと思っています(筆者も若い頃はそうでした)。

きっかけはなんであれ、やってみたいと思う人が増えることはとても大切です。
経済的な効果が発生しているということは、将棋に関する裾野の広がりにも繋がるということになるからです。

③一番の期待:優秀な「タマゴ」が集結しつつある

報道では、関東/関西ともに将棋スクールの入会者が増加していると報道しています。

裾野が広がり、将来有望なプレイヤーが集まれば第二の藤井聡太が出てくるかもしれない。
更なる注目株が登場し、藤井四段や他のプロ棋士を相手にアツい勝負が日常的に繰り広げられれば…将棋界が更に盛り上がることでしょう。

2017年7月の藤井四段の主な対戦結果

惜しくも連勝記録更新とはなりませんでしたが、藤井四段はその後も勝率7割をキープし、
勝ち進んでいます。

7月の主な対戦結果は以下にまとめましたのでご覧下さい。

2017年7月の藤井四段の主な対戦結果
対局日 公式戦名 勝敗 備考
2017年7月2日 竜王戦決勝2回戦 × 連勝記録29でストップ
2017年7月6日 順位戦C級2組  
2017年7月11日 加古川青流戦
2017年7月21日 上州YAMADA杯 ×
2017年7月24日 棋王戦 ・ 
2017年7月24日 棋王戦予選 ・ 
2017年7月27日 銀河選 7戦5勝(勝率71.4%)

8月はどんなサプライズがあるのか?
藤井四段の更なる活躍に注目していこうと思います。

スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)
Adsense(レクタングル大)

シェアする

フォローする