「火事」の原因は調査不能?バズワード201707_Yahoo

シェアする

2017年7月度のYahoo月間ランクイン回数6位の急上昇ワードは、「火事」です。

火事は固定キーワードではありませんので、
「固有名詞+火事」といった複合キーワードで調べられています。

では、具体的に何の火事だったのか。
詳細データは以下をご覧下さい。

2017年7月度データ

ランクイン回数トータルポイント詳細ワード
3回 
5,965,743点  
登米市 火事
雪が谷大塚 火事
糸島 火事
スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)

速報以外の情報は発見出来るか?

「人身事故」の記事でも書きましたが、
筆者は事故・災害が発生した場合に必要な情報は以下3種類だと思っています。

【必要な情報】

事故発生速報復旧速報対策・注意喚起等
①事故速報(事故の種別、規模)
②復旧の目途・目安
③振替輸送等の有無
①復旧予定時刻
②復旧後のダイヤ運航(全線各駅停車で運行、など)
③その他注意事項
①事故詳細
②事故発生原因
③事業者、または自治体が行う対策(必要であれば)
④乗客、住民に対する注意喚起など

人身事故では相変わらず対策や注意喚起等の「確報」は見つけられませんでしたが、
火事ではどうでしょうか?

各キーワードの概要

7月に急上昇ワード入りした「火事」は3件です。
では、今ネット上でどこまで情報を読み取れるのか見ていきましょう。

①登米市 火事

2017年7月4日に発生。

母子3人が死亡するという悲惨な事故となった。
警察は放火の疑いで、この家に同居している夫を逮捕した。

4日午前2時半ごろ、宮城県登米市迫町佐沼鉄砲丁の民家から出火、木造モルタル2階の住宅約260平方メートルが全焼した。焼け跡から30代ぐらいの女性と3歳女児、1歳男児の遺体が見つかった。佐沼署は同日、現

【注記】以下3記事は火災発生・容疑者逮捕後の続報となります。

続報1:近隣の人へのヒアリング内容

4日未明、宮城県登米市迫町佐沼の住宅が全焼し、焼け跡から母と幼い子ども2人の計3人の遺体が見つかった放火事件。周囲からは幸せそうに見えた家族だったが、夫で父の島谷嘉昭容疑者(40)が逮捕されたことで、

続報2:警察より、亡くなった妻が家庭内でDVに悩んでいたとの証言が出る

宮城県登米市迫町佐沼で全焼した民家から母子とみられる3人の遺体が見つかり、現住建造物等放火の疑いで住人の会社員島谷嘉昭容疑者(40)が逮捕された事件で、妻美由さん(31)が「酒に酔った夫からドメスティ

続報3:一命を取り留めた長男の証言

宮城県登米市迫町佐沼の民家で母子とみられる3人の焼死体が見つかり、現住建造物等放火容疑で住人の会社員島谷嘉昭容疑者(40)が逮捕された事件で、島谷容疑者の長男(18)が8日、河北新報社の取材に応じ、当

続報4:仙台地検が容疑者を放火で起訴。殺人罪は断念⇒判決待ち

宮城県登米市迫町佐沼の民家が放火で全焼し、焼け跡から母子3人の焼死体が見つかった事件で、仙台地検は25日、現住建造物等放火罪で、父親の会社員島谷嘉昭容疑者(40)を起訴した。 起訴状によると、島谷被告

②雪が谷大塚 火事

  • 事故発生速報:まとめサイト等が大量に存在
  • 復旧速報  :該当記事見つからず
  • 原因・対策等:該当記事見つからず

③糸島 火事

2017年7月26日に発生。

福岡県糸島市の廃棄物処理/リサイクル会社から出火。
処理場内の廃材に引火したものとみられる。

 26日午後9時20分ごろ、福岡県糸島市のリサイクル業「光華」の敷地内から炎が上がっていると119番があった。市消防本部や糸島署によると、野積みされていた廃家電や廃プラスチックなどが燃えており ...

火災発生後、お隣の福岡市では、異臭を訴える119番通報が100件超発生。
PM2.5が増加したとの観測結果も。

 26日夜から27日午前にかけて、「異臭がする」「焦げ臭いにおいがする」といった福岡市消防局への119番通報が100件以上相次いだ。市環境保全課などにも異臭を訴える電話が30件ほどあった。26日から、…

一時期騒がれたので覚えている方も多いと思いますが、
参考までにPM2.5に関する情報を埋め込んでおきます。

参考:微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報(環境省)

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

あとがき:「対岸の火事」意識の高さが火事を呼ぶ

今回急上昇ワード入りした火災は3件でした。
うち2件が

  • 放火(登米市)
  • 火災によりPM2.5が発生(糸島市)
という事件性の高い火災だった為、先月に比べれば原因などの記事を探すことが出来ました。

しかし、雪が谷大塚の火災のように死傷者も出ず、事件性も無いとなれば、
報道機関の記事は削除され、残っているのはまとめ記事のみ。

先月から同じことを何度も書いているような気がしますが、
確報の周知・展開に何の意味もないのかという疑問が消えません。

何故、同じような理由で事故や災害は繰り返されるのか?

答えは、「対岸の火事」という意識の人が大半だからだと思うのですがね…

スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)
Adsense(レクタングル大)

シェアする

フォローする