6月の「火事」その中身とは?バズワード201706_Yahoo

シェアする

2017年6月度のYahoo月間ランクイン回数5位の急上昇ワードは、「火事」です。

火事は固定キーワードではありませんので、
「固有名詞+火事」といった複合キーワードで調べられています。

では、具体的に何の火事だったのか。
詳細データは以下をご覧下さい。

2017年6月度データ

ランクイン回数トータルポイント詳細ワード
5回 
9,590,386点  
旭市 火事
小岩 火事
九州大学 火事
東陽町 火事
大泉学園 火事
スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)

「火事」のニュースで求められる情報とは?

火事は地震、津波などの災害に含まれるでしょうから、
求められる情報は以下2つだと思います。

  • 1:いつ復旧するのか?
  • 2:原因と(必要に応じ)対策

各キーワードの概要

今月ランクインした5つの「火事」。
事故では読み取りが難しかった概要や対策は読み取れるのでしょうか?

調べた結果は以下の通りです。

旭市 火事

物件種別:一般住宅
人的被害:死者3名
影響  :特になし?
原因  :寝たばこ?

小岩 火事

物件種別:沿線火災(JR小岩駅前公衆トイレ)
人的被害:なし
影響  :中央線、総武線一時運転見合わせ(16,400人に影響)
原因  :不明

東京都江戸川区南小岩のJR小岩駅で6月11日夜、駅前の公衆トイレと駅の隙間で廃材などが燃える火事・火災(沿線火災)が起き、トイレの外壁やゴミなど5平方メートルが燃えました。火災現場では爆発音が聞こえたということですが、これまでに出火原因は明らかになっておらず、警察と消防が詳しく調べています。

九州大学 火事

「九州大学 火事」では引っ張れず、
「九州大学 学生寮 火事」でようやく出てきたのがこの記事。

物件種別:共同住宅(学生寮)
人的被害:なし
影響  :特になし?
原因  :放火

福岡県警西署は14日、福岡市西区にある九州大学生寮の一室を全焼させたとして、現住建造物等放火の疑いで、この部屋に住む九州大の女子学生(19)を逮捕した。署による…

東陽町 火事

物件種別:解体中倉庫
人的被害:負傷者1名(重傷)
影響  :特になし?
原因  :解体作業中、バーナーの火がウレタンに引火

20日午後4時10分ごろ、東京都江東区新砂の解体中の倉庫で「建物から出火している」と119番通報があった。東京消防庁によると、この火事で4階建ての倉庫5千平方メ…

大泉学園 火事

物件種別:共同住宅
人的被害:なし
影響  :特になし?
原因  :不明

 26日午後5時15分ごろ、練馬区東大泉5丁目の4階建てマンションの4階一室から出火、室内の約30平方メートルが焼けた。火元の住人は外出しており、けが人はいなかった。 東京消防庁などによると、消防車1…

…予想はしていましたが、事故と同じですね。

問題提起:「確報」の無い報道…得るものはないのか?

火事に関する報道も事故同様で、発生情報(速報)とそれに伴う推測だけは大量に情報があふれていますが、現場検証や捜査の結果、

  • 最終的に何が原因だったのか
  • 人的被害や周辺への影響はどうだったのか
  • 何か対策が必要なのか
  • 周辺住民、または国民に対する注意喚起は必要ないのか

といった「確報」が無いんです。

事件性があると警察が判断した事案で、捜査に支障が出る恐れがある情報は開示出来ないというのは分かります。

が、今回急上昇ワードに入った5件とも全て事件性があるとは思えません。
本当にこれで良いのでしょうか?

「対岸の火事」という考えを減らすには?

筆者が考える確報とは、事故や火災を起こした個人の追求ではなく、
「実際自分の身にも起こりうる事象を注意喚起し、再発を防止・抑制する」というもの。

現時点で火事に関する詳細データを知りたければ、
「消防白書」を見るくらいしかないのではないかと思います。

但し、火災に関する章を一読した限り

  • そもそもほとんどの国民が「消防白書」を見ているのか
  • 特定地域の住民や国民が学べる内容となっているのか

といった疑問は残ります。

平成28年度版の消防白書によれば、

  • 平成27年度の「火災による死者数」は1,563人
  • そのうち「放火自殺者等」を除いた死者数は1,204人と前年1,262人に比べ58人(4.6%)減少
  • 火災による負傷者数は6,309人と前年(6,560人)に比べ251人(3.8%)減少
  • 平成27年中の1日当たりの火災による死者数は4.3人
  • 火災による死者の状況を都道府県別にみると、1位:東京都(99人)、2位:神奈川県(90人)、3位:千葉県(87人)
「放火自殺者等」:放火自殺者、放火自殺の巻き添えとなった者及び放火殺人による死者を指す。

ということで、被害者は減っているものの、毎日4.3人もの人命が失われているという事実があります。

因みに火災発生件数は3万9,111件。
1日当たり107件の火災が発生したことになるそうです。

今回の小岩駅の事例で言えば、

  • 具体的に何に引火したのか?「廃材」だけでは分からない
  • 何故、事故発生すれば大惨事となる駅前に廃材を置く必要があったのか
  • ゴミ箱や喫煙所の設置等、火事を防止する施策は必要ないのか

くらい踏み込んだ結果を公表しないと、また同じことを繰り返すような気がします。

速報は十分過ぎるほど流れているので、確報が今以上に十分に情報展開され、
再発防止につながることを望みます。

スポンサーリンク
Adsense(レクタングル大)
Adsense(レクタングル大)

シェアする

フォローする